虫歯治療する前に知っておきたい治療の流れ

進行度によって違う虫歯治療の流れ

虫歯ができるまでに起こっていること

虫歯ができるまでに、口の中では何が起こっているのでしょうか。
実は口の中には、常に虫歯菌が存在しています。
この虫歯菌が、口の中に残っている糖分を摂取することによって、酸を出します。
そしてこの酸が歯を溶かしてしまい、虫歯になります。
この時虫歯菌と戦ってくれるのが唾液です。
唾液が虫歯菌によって発生した酸を中和してくれます。
これが歯磨き粉の広告などでよく聞く「再石灰化」です。
口の中では常にこのように虫歯菌と唾液が戦う状態が続いています。
ここで、口の中の糖分が多くなり、虫歯菌が増えてしまうことによってバランスが崩れてしまうと、「再石灰化」が追いつかなくなり、虫歯になってしまうというわけです。

ちなみに、起きた時に口の中が粘ついて気持ち悪いことがありますよね。
これも虫歯菌の仕業です。
虫歯菌は、ネバネバした膜を作って歯に張り付いてしまうのです。

虫歯になりやすい人、なりにくい人

例えば兄弟で、同じものを食べて、同じように歯を磨いていても、よく虫歯になる子供と全く虫歯にならない子供に分かれることがあります。
これは、人によって違う唾液の量、歯の質、歯並び、そして生まれ持った虫歯菌の数などが原因です。
かなりしっかり、まめに歯磨きをしているはずなのに、なぜか虫歯になってしまう。
特に、小さな子供を持つ親御さんは、自分の歯磨きの仕方や教え方が悪いのかと気に病む方もいるでしょう。
しかし、これは全くの個人差なので、親御さんが気に病む必要はありません。

虫歯になりやすい人、なりにくい人関係なく、早い段階で気がつくことが重要です。
歯磨きやフロスをサボらずしっかりするのはもちろん、少しの歯の変色でも、すぐに気がつけるよう注意して自分の歯をチェックしてください。


この記事をシェアする