虫歯治療する前に知っておきたい治療の流れ

大きな虫歯の治療の流れ

冷たいものがしみるまで進行した虫歯の治療

冷たいものがしみるなどの自覚症状が出始めた虫歯。
このいわゆる第三段階、C2まで来ると、普段の歯磨きではどうにもなりません。
しかも、この段階で虫歯になり始めているエナメル質の下にある象牙質は、エナメル質に比べて柔らかいためどんどん進行します。
少しでも歯に異常を感じたら、治療の痛みや回数が最小限で済むよう、早めに歯医者に行きましょう。

ではこの段階の虫歯の治療の流れを説明します。
まずは虫歯の部分だけ歯を削って行きます。
この時、神経に近い部分まで進行していると痛みを感じるので、進行度合いによっては麻酔を使う場合もあります。
虫歯を削った後は、合成樹脂「レジン」を使って元の歯を再現します。
いわゆる詰め物です。
このC2の段階であれば、一回の治療で済むことも多いです。

神経まで到達した虫歯

神経まで到達した大きな虫歯、「C3」と呼ばれる段階の虫歯の治療を「根管治療」と言います。
歯の根元の神経や血管が通っている管を根管と呼び、この治療では痛んだ神経や血管を除去して根管をしっかり清掃し詰め物をします。
根管治療は数回に分けて行われます。
では治療の流れを順番に説明します。

まず、根管の中の神経などの感染している部分をしっかりと掃除します。
掃除ができたら根管の中を薬品で洗浄し殺菌、仮歯をつけます。
細菌がいなくなるまで、これを数回繰り返します。
そして次は、膿などの炎症が起きていないかを確認し、隙間が入らないように根管の先端まで詰め物をします。
そして最近の再感染を防ぐために、歯の形をとって作った土台を装着、形を整えた被せ物をかぶせて完了です。

そしてC4、歯の根っこまで達している虫歯の場合は、歯を抜くかもしくは上の根管治療を行います。


この記事をシェアする