虫歯治療する前に知っておきたい治療の流れ

小さな虫歯の治療の流れ

虫歯の進行度について

歯医者さんが、患者の口の中を見ながらつぶやく、アルファベットや数字。
なんのことを言っているのか、誰もが疑問に思ったことがあるかと思います。
あのアルファベットや数字は、虫歯の進行度合いのことです。

進行度1がCO。
痛みなどの症状はほとんどありません。
進行度2がC1。
表面のエナメル質が溶かされ穴が開いた状態です。
この段階もほぼ痛みはありません。
進行度3がC2。
表面のエナメル質の下、象牙質まで届いています。
この段階で初めて痛みなどの自覚症状が現れます。
進行度4がC3。
これは虫歯が神経まで到達した状態です。
神経や血管が壊死した「歯髄炎」という状態になっており、かなりひどい痛みに悩まされます。
そして最終段階がC4。
歯の根元しか残っていない状態です。

進行初期の虫歯の治療

では、進行度1から2の小さな虫歯の治療の流れを説明します。

まず進行度1のCO。
この段階で削ることはまずありません。
患者に歯磨きの指導をして様子を見ます。
この段階ではまだ自然に治る可能性があるからです。
そして歯の表面のエナメル質を強化する「フッ素」の塗布が行われることもあります。
COの段階で痛みを伴う治療が行われることはないので、ブラッシング指導に従って自然治癒に務めましょう。

続いてC!の段階の治療です。
表面のエナメル質が削れて大きな穴になっているのがC1の状態です。
この状態になるともう自然治癒はほぼ見込めません。
虫歯治療の一般的なイメージ、削る治療を行います。
虫歯になってしまっている部分を削り、合成樹脂「レジン」を詰めます。
また、歯の表面であるエナメル質のみを削るので痛みはありません。
ただ、歯を削るあの独特の音は気になるかもしれません。


この記事をシェアする